2021年から、ハワイ等では日焼け止め禁止に

米ハワイ州のイゲ知事は、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含んだ日焼け止めの販売や流通を禁じる法案に署名しました。

これは世界初の試み。ハワイでは2021年1月1日に発効するそうです。販売禁止となるのは、紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止め。観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制できないが、同州はサンゴ礁への有害性を伝えていきたいとしています。
でもそもそも日本で売られている日焼け止めの成分に、オキシベンゾン』と『オクチノキサート』が使われているのか?
調べてみたところ、日本で『オクチノキサート』は『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』という別名で呼ばれている成分だったんです!!
『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』は、最も有名でかつ最も使用頻度の高い紫外線吸収剤なんです。
しかも日本で市販されている日焼け止めには、この『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』が主成分に配合されているものだらけ(涙)

オキシベンゾンとオクティノセイト(BIHI – ハワイろぐ)

日焼け防止のために配合される成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱(反射)剤がある。オキシベンゾンとオクティノセイトはどちらも紫外線吸収剤。紫外線吸収剤自体が、紫外線を吸収する際に皮膚上で化学変化を起こし、別の物質に変わる(または副産物が発生する)ことから肌への負担が大きいと言われ、日本でも紫外線吸収剤を含まない商品はいくつも販売されている。紫外線反射剤の代表的なものは酸化亜鉛と酸化チタン。

 日本では環境保護の観点よりも人体への影響を考慮し、オキシベンゾンを含む製品は少なくなっているが、日焼け止めに限らず、化粧品やシャンプーなど用途は広い。禁止されていないが、経口摂取の際の毒性や、アレルギーの誘引、発がん性などが懸念され、表示指定成分となっている。

 オクティノセイトは日本の製品には「メトキシケイヒ酸オクチル」または「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」と表示されており、日焼け止めに含まれる一般的な成分。日本の大手メーカーのファンデーションなどにも多く使われている。

出展:沖縄REPEAT 2018.07.23、BIHI
参考:https://www.drifter.okinawa.jp/sunscreen/?pathinfo=sunscreen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA