環境汚染でイルカの母乳がほとんど毒に 2019年12月3日(火)18時20分

環境汚染でイルカの母乳がほとんど毒に

Harbor Porpoises Ingest So Much Poison Their Milk Is Toxic to Their Calves

2019年12月3日(火)18時20分
ロージー・マッコール
https://www.newsweek.com/

中国江西省のハ陽湖で研究者が調査目的で捕まえたネズミイルカ科のスナメリ。環境汚染で絶滅が危惧されている(2015年) REUTERS

<滋養がたっぷり必要な子どもに、体内でいちばん強い毒を出してしまう母親という痛烈な自然の皮肉>

近海に生息するネズミイルカは、あまりに多くの有毒物質を体内に摂り込んだ結果、母乳も有毒になっていると、「環境科学」に論文を発表した研究者は警告した。

小型のイルカ、ネズミイルカの体内にあるポリ塩化ビフェニル(PCB)を調べた研究で、ネズミイルカの子どもの体内にあるPCBは、母親の体内にあるPCBより毒性が強いことがわかった。これは、母親の解毒メカニズムが無意識にいちばん強い毒を母乳と一緒に体外に排出しようとするせいだと、主執筆者の英ブルネル大学のロージー・ウィリアムスはいう。

PCBは1920年代に登場し、電気製品や塗料などに使われた。1980年前後に世界中に禁止されたが、環境中からは今も消えることなく、野生動物を傷つけ続けている。

廃水と共に海に流れ込んだPCBは、海の食物連鎖に入り込む。PCBを摂り込んだ小魚をより大きい魚が食べ、その魚をイルカが食べるといった具合に食物連鎖の上にいけばいくほど、PCBの濃度は高くなる。そしてネズミイルカでは、それが母乳を通じて子に受け継がれている。

その毒は、イルカの神経発達を阻害し、免疫や繁殖に悪影響を及ぼしかねない。

一方、PCB濃度が生涯で最も高くなるのはオスだ。メスと違い、子どもに毒を押し付けることができないからだ。

「悲劇的な皮肉だ」、とウィリアムズは言う。環境中のPCBは徐々に減り始めているが、動物への悪影響はまだ続く。

ホッキョクグマの体に落書きか 行く末案じる声も

ホッキョクグマの体に落書きか 行く末案じる声も

CNN 12/5(木) 9:34配信

CNN.co.jp

(CNN) ロシアの雪原を歩くホッキョクグマの背中に、旧ソ連軍の主力戦車を示す「T34」の文字が――。ソーシャルメディア上で共有された動画に胸を痛め、クマの行く末を案じる声が上がっている。

【映像】ホッキョクグマに落書き 狩りに影響も

クマの動画は今月1日、世界自然保護基金(WWF)ロシア支部の職員、セルゲイ・カーブリ氏がフェイスブックに投稿した。白い体に、スプレー塗料を吹き付けたように黒々と、大きな文字が書かれている。

カーブリ氏はコメントの中で、動画はロシア極東チュクチ自治管区の先住民からメッセンジャーアプリ「ワッツアップ」を通して入手したと説明しているが、撮影地は明らかでない。

ホッキョクグマの白い体は雪の上で保護色となり、狩りには都合が良いと考えられている。しかしこのクマは文字が目立ってしまい、狩りがしにくくなるのではないかと、カーブリ氏は心配する。

ロシア科学アカデミーの研究者も国営RIAノーボスチ通信に、黒い塗料はいずれ落ちる可能性が高いとはいえ、それまでの間はえさを取るのが難しくなるかもしれないと指摘した。

文字が書かれた理由は不明だが、カーブリ氏は何者かのいたずらとの見方を示す。

ホッキョクグマは近年、気候変動の影響による海氷の縮小で十分なえさを見つけられず、長距離を移動するようになってきた。北極圏にあるロシアのノバヤゼムリャ島には今年2月、50頭以上のホッキョクグマが押し寄せ、当局が非常事態宣言を出す事態となった。

気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)日本は?

日本に再び「化石賞」小泉環境相の演説受け 国際NGO

「COP25」での小泉環境大臣の演説を受けて、国際NGOのグループは温暖化対策に消極的な国に贈る「化石賞」に再び日本を選びました。

「化石賞」は世界各地のおよそ1300の環境NGOでつくるグループが、COPの会期中、温暖化対策に消極的だと判断した国や地域をほぼ毎日選び、皮肉をこめて贈っています。

11日の「化石賞」には日本とブラジルが選ばれました。

日本を選んだ理由について閣僚級会合で小泉大臣が行った演説で、石炭火力発電からの脱却や温室効果ガスの削減目標を引き上げる意思を示さなかったためとしています。

今回のCOPで日本が「化石賞」に選ばれるのは2回目です。

会場にいたアメリカのNGOの男性は「日本に対する期待の高さの表れだと思います。来年は東京オリンピックもあるので、石炭関連産業への支援をやめ国際的なリーダーシップを示してほしいです」と話していました。

小泉大臣は「驚きはない。受賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。的確に国際社会に発信できていると思う」と話していました。

日本に「化石賞」 国際NGO

COP25の会場で開かれた「化石賞」の発表イベント(3日、マドリード)=共同

COP25の会場で開かれた「化石賞」の発表イベント(3日、マドリード)=共同

【マドリード=共同】世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」は3日、地球温暖化対策に後ろ向きな姿勢を示した国に贈る「化石賞」に日本など3カ国を選んだと発表した。日本は、梶山弘志経済産業相が同日の閣議後記者会見で、二酸化炭素(CO2)の排出が特に多く、温暖化を悪化させる石炭火力発電の利用を続ける政府方針を改めて示したのが理由。

スペイン・マドリードでの気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の会場で発表した。同ネットワークは、世界は脱石炭にかじを切りつつあると指摘し、日本の方針は「パリ協定を軽視し、地球を破壊して人々を危険にさらすものだ」と厳しく批判した。

化石賞は会期中にほぼ毎日発表される。3日が最初の発表で日本は不名誉な出だしとなった。

梶山氏は記者会見で「国内も含めて石炭火力発電、化石燃料を使う発電所は選択肢として残しておきたい」などと発言した。

温暖化は加速しており、対策を大幅に強化しなければ異常気象の頻発など深刻な被害が生じるとみられている。石炭火力発電への風当たりは強く、国連は先月の報告書で日本に対し、新設をやめ、既存のものは段階的に廃止するよう促した。

ほかに受賞したのはブラジルとオーストラリアで、大規模な森林火災への対応の悪さを指摘された。

日本経済新聞電子版より

異常気象 豪雨や猛暑の日本が世界で最悪の被害 独の環境NGO

ドイツの環境NGOは、去年1年間に異常気象で世界で最も深刻な被害を受けたのは、記録的な豪雨や猛暑に見舞われた日本だったとする分析を発表し、温暖化対策の強化を呼びかけました。

熱波や干ばつ、洪水などによる世界各国の被害を分析しているドイツの環境NGOは4日、スペインで開かれている国連の会議、COP25で記者会見を行い、去年1年間で異常気象による最も深刻な被害を受けた国は日本だったと発表しました。

死者数や経済的な損失などをもとに行ったということで、西日本を中心に広い範囲で大きな被害が出た西日本豪雨や、「非常に強い」勢力を維持したまま上陸した台風21号、そして埼玉県熊谷市で41.1度と観測史上、国内で最も高い気温を記録するなど猛暑に見舞われたことを理由にあげています。

環境NGOは「同じ年に複数の極めて異例な気象災害に見舞われるのは地球温暖化の影響を抜きには考えにくい」としています。

そのうえで、世界全体では過去20年に異常気象によって50万人近くが亡くなり、経済的な損失は日本円で385兆円を超えるとして、温暖化の被害を抑える対策を強化するよう呼びかけました。

NHK NEWS WEBより

人間が日常生活で飲み込むプラスチック、週にカード1枚分2019.06.12

人間が日常生活で飲み込むプラスチック、週にカード1枚分 豪研究

微小なプラスチック片を週に5グラム、クレジットカード1枚分摂取しているとの研究結果が出た。平均で飲み水から1769粒、貝類から182粒飲み込むという

微小なプラスチック片を週に5グラム、クレジットカード1枚分摂取しているとの研究結果が出た。平均で飲み水から1769粒、貝類から182粒飲み込むという

(CNN) 人間が日常生活の中で体内に取り込む微小なプラスチック片は1週間当たり5グラム、クレジットカード1枚分に相当するとの研究結果が発表された。

「マイクロプラスチック」と呼ばれる5ミリ以下の小さな粒子は、食べ物や飲み水、大気中に含まれている。オーストラリア・ニューカッスル大学のチームが発表した研究によると、世界各地で1人が1週間に取り込むのは2000粒前後だという。

その元になっているのは洋服の化学繊維や歯磨き粉のマイクロビーズ、風雨にさらされて粉々になったプラスチックごみなどさまざま。川や海に流れ出すと、魚のえさに紛れて食物連鎖に組み込まれる。

研究チームが過去の研究52件を分析した結果、人間が取り込むマイクロプラスチックの中で最も多いのは飲み水が由来で、週に1769粒にも上ることが分かった。ボトル入りの水でも水道水でも同じことだという。

ただし地域差は大きいとされ、昨年の研究では米国とインドの水道水から欧州やインドネシアの2倍に当たるマイクロプラスチックが検出された。

2番目に多いのは貝類で、1人が毎週182粒、0.5グラム相当を飲み込んでいる計算だ。貝が水中のマイクロプラスチックを飲み込み、人間はそれを消化器官も含めて丸ごと食べるからだと考えられる。

チームによると、大気から吸い込む量は通常無視できる程度だが、環境によって大きく違うという。

人体に取り込まれたマイクロプラスチックが健康にどのような影響を及ぼすかは、今のところ詳しく分かっていない。

プラスチック製ティーバッグ、100億超のマイクロプラスチックが紅茶の中に2019年09月27日

プラスチック製ティーバッグ
100億超のマイクロプラスチックが紅茶の中に
カナダの研究チーム

A cup of teaImage copyrightGETTY CREATIVE STOCK

高級な紅茶に使われているプラスチック製ティーバッグから、何十億もの「マイクロプラスチック」が放出される可能性がある――。環境と技術の米学術誌「Environmental Science and Technology」に発表された最新の研究結果で明らかになった。

一般的なティーバッグのほとんどは紙製だが、一部の高級ブランドはプラスチック製のものに移行している。

そこでカナダ東部ケベック州モントリオールのマギル大学の研究チームは、プラスチック製のティーバックに入った、一般に流通している紅茶4種類を使い、実験を行った。

研究者は、紅茶を抽出する時と同様に、茶葉を取り除いた空っぽのティーバッグを95度のお湯の中に入れた。

すると、ティーバッグ1袋あたり、約116億のマイクロプラスチックと、31億のナノプラスチック(マイクロプラスチックより千倍小さい粒子)がお湯の中に放出されていることが分かった。こうした粒子は肉眼ではまったく確認できない。

「ティーバッグから放出された粒子」の量は、過去の研究で明らかになった、食品に含まれる量よりも桁違いに多い」という。

研究チームは、マイクロプラスチックによる健康への影響について研究を続けるよう呼びかけている。

<関連記事>

マイクロプラスチックとは、長さ5ミリ以下のプラスチック片のことで、世界中の河川や湖、水道水やボトル入り飲料水、一部の食品への混入が確認されている。

世界保健機関(WHO)は先月22日、マイクロプラスチックが混入した飲料水について、現状の検出レベルでは健康リスクはないとする報告書を公表した。

一方でWHOは、この研究結果は「限られた情報」に基づくもので、より大規模な研究を行う必要があるとしている。

北極の雪や空気中から「マイクロプラスチック」、住民が吸い込んでいる可能性も

ほかの研究で明らかになった、ボトル入り飲料水などに含まれるマイクロプラスチック量と比較して、今回ティーバッグから放出された量の多さに驚いたと、研究者のローラ・ヘルナンデス氏は言う。

過去の研究結果との不一致について、ヘルナンデス氏は、今回の研究では髪の毛1本の厚さ程度のマイクロプラスチックと、それよりも小さいナノプラスチックの両方を対象にしたことや、プラスチック製のティーバッグを常温の水ではなく「熱湯に直にさらした」ことが影響したのかもしれないとしている。

ヘルナンデス氏は、この研究結果は、プラスチック消費の削減に気を配っているような消費者にとって、自分たちが何を購入しているのかを自覚する機会になると指摘した。

「紅茶をプラスチックで包装する必要は本当にない。結局のところ、使い捨てのプラスチックごみになるのだから。あなた方がプラスチックを体内に取り込むことになるだけでなく、環境に負荷をかけることにもつながる」

(英語記事 Premium teabags ‘leak billions of microplastics’

You have stolen my dreams and my … – CNN on Twitter 2019/9/23

国連演説のグレタさんに「病んでる」米TV局が謝罪

原学思 

 スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)が23日にニューヨークの国連本部で行った演説は大きな反響を呼んだ。一方、米政治評論家が、グレタさんを侮辱するような発言をし、起用したテレビ局は謝罪に追い込まれた。

この評論家はマイケル・ノウルズ氏。グレタさんの演説後、トランプ氏に近いテレビ局として知られる米FOXの番組にコメンテーターとして登場し、グレタさんについて、「精神的に病んでいる。両親や国際的な左翼に利用されている」などと述べた。

番組に出ていた別のコメンテーターから「子どもを攻撃するな。恥を知れ」と言われると、「子どもを攻撃してるんじゃなくて、精神的に病んでいる子どもを利用している左翼を攻撃してるんだ」と弁明した。

FOXはこの発言を受け、「ノウルズ氏のコメントは不見識なものでした」と謝罪。米メディアによると、今後は番組に出演させない方針という。

アマゾン火災から発生した一酸化炭素はどうなる? NASAが上空5,500mから大気中の濃度を測定

▲Credits: NASA/JPL-Caltech

地球観測衛星「Aqua」には、「AIRS(Atmospheric infrared sounder)」という大気の温度や湿度、地表面の温度を測定する装置が搭載されているそうだ。

この装置からの最新データをNASAが公開している。問題となるのは、ブラジル・アマゾンで発生中の大規模な森林火災。2019年8月8日から8月22日にかけてのアマゾンの一酸化炭素の大気中の濃度を、上空18,000フィート(5,500m)の高さから測定した。

マップ上での一酸化炭素の濃度は、グリーンが100ppbv、イエローが120ppbv、ダークレッドが160ppbvを示している。この「ppbv(part per billion in volume)」は、1000m3の大気中に1cm3の気体が含まれている状態を指す単位だそうだ。

画像から分かるのは、時間の経過とともに、一酸化炭素の塊がアマゾン北西部で膨らみ、濃度を増しながら拡大して南東方向に移動しているということである。

NASAによると、一酸化炭素は長い距離を移動する汚染物質で、約1か月間は大気中に残留するという。強風で風下に一酸化炭素が運ばれ、大気の質に大きな影響を与える可能性もあるとしている。大気汚染と気候変動の両面で影響があるとされ、地球の裏側の出来事でも、けっして対岸の火事とは言えないだろう。End

ブラジルのアマゾン地域の大規模な森林火災 2019/08/25

[ブラジリア/ポルトベリョ 25日 ロイター] – ブラジルのアマゾン地域の大規模な森林火災で、ブラジル軍の戦闘機がロンドニア州の上空から散水に着手した。森林火災にブラジル政府が何の対処もしていないとの批判が世論や世界の指導者たちから高まっていた。

ブラジル大統領府スポークスマンによると、ボルソナロ大統領はアマゾンの地元政府からの支援要請に応じ、軍に対し25日時点で計7州への消火任務を命令。国防省が24日夜公表したビデオ映像では、軍機が煙の雲を抜けながら森林に散水していた。

ブラジル国立宇宙研究所によると、ブラジルでは24日までに8万件近い森林火災が確認されており、少なくとも2013年以降で最多となっている。

ボルソナロ氏はツイッターに、イスラエルのネタニヤフ首相との電話会談の後、航空機1機を含む消火支援の申し出があり、受け入れたと投稿した。

ただ、ブラジル政府はロンドニア州以外の消火活動の詳細はまったく明らかにしていない。国防省は24日の会見で、4万4000人の部隊をアマゾン地域に派遣することができると表明したが、どれぐらいの人数がどこで何をするかについては明らかにしなかった。

アマゾンは世界最大の熱帯雨林で、大量の二酸化炭素を吸収するため地球温暖化阻止に重要と見なされている。地球の酸素の20%を作りだしてもいる。

ADVERTISEMENT

バードストライクの映像 2014/04/16 に公開

小型風力発電でバードストライク
08月26日 08時44分

北海道の小型の風力発電所で、絶滅危惧種のオジロワシが回転する風車に衝突する瞬間が撮影されました。小型の風力発電所の建設計画は全国に7000か所以上で認定されるなど今後、大幅に増えることが予想されていて、専門家は貴重な鳥への影響を評価すべきだと指摘しています。

風力発電所の回転する風車に鳥が衝突するバードストライクは、出力が1万キロワット以上の規模の大きな風力発電所では環境アセスメントの中で影響の評価が求められていますが、それよりも小さい風力発電所では義務づけられていません。
徳島大学の研究グループは、日本海側の苫前町にある出力が20キロワットより小さい小型の風力発電所で調査したところ、絶滅危惧種のオジロワシが回転する風車に衝突する瞬間が撮影されました。
オジロワシは右側の翼の骨が砕け、道内の施設で保護されたということです。
小型の風力発電所の建設計画は全国でおよそ7500件認定されるなど今後、大幅に増加することが予想されていて、グループではワシやタカなどの貴重な鳥への影響を評価すべきだとしています。
調査を行った徳島大学の河口洋一准教授は「小型の風力発電所でのバードストライクはあると思われていたが実態はよく分かっておらず、評価や対策を考えることが必要だ」と話しています。

風力発電所でのバードストライクは比較的大きな風力発電所の建設が進む中、2010年ごろから問題となりました。
大きな風力発電所では高さが数10メートルから100メートル前後の風車が使われることが多く、タカやカモメなどが被害に遭うケースが相次いだため、環境省などは必要に応じて建設時の環境アセスメントでバードストライクの調査を求めるようになったほか、運転を開始した後も調査を行うよう求めてきました。
その後、2015年ごろから出力が20キロワットより小さい小型の風力発電所の建設計画が増えましたが、出力が1万キロワットを下回る風力発電所は、環境アセスメントの対象ではありません。
そのため、自治体はガイドラインなどで事業者が守るべきことを示していますが、環境アセスメントと同じ規模の調査は求めておらず、バードストライクが大きく問題視されることはありませんでした。

バードストライク

2014/04/16 に公開

※この映像には鳥が衝突死する映像が含まれていますのでご注意ください。 平成25年度海ワシ類における風力発電施設に係るバードストライク防止策検討委託業務の中で、衝突メカニズムを解明するために撮影されたオジロワシのバードストライクの映像です。 風力発電施設の設置については、猛禽類をはじめとした鳥類が風力発電施設のブレードに衝突し死亡する事故が生じており、野生生物保全と風力発電推進の両立を目指す上での課題となっています。オジロワシ、オオワシ等の希少な海ワシ類に係る風力発電施設におけるバードストライクの防止策案の検証を行い、手引きの更新等にも資する、さらなる知見の収集も含め、特に海ワシ類を対象とした効果的なバードストライク防止策の策定することとし、現在、検討を進めています。